HOME>特集>記憶力を向上させるための4つの方法について

記憶力を高める食べ物を摂取する

男性

物忘れを防止させ、記憶力を向上させる食べ物は木の実や魚です。木の実はくるみやゴマなどビタミンEが含まれているものや、物忘れを防いでくれるセイヨウスノキの実がいいでしょう。また、魚は脂肪酸のDHAやEPAが含まれているサバなどの青魚が記憶力を向上させてくれます。

ジョギングなどの有酸素運動をする

悩む女性

脳内の血液量が低下すると物忘れが多くなり、記憶力が低下してしまうため、それを防止する必要があります。特にジョギングなどの有酸素運動が有効で、血流が良くなるだけでなく、脳内の前頭前野や海馬の血液量を増加させます。さらに、有酸素運動をする際に日光を浴びるとビタミンDが合成され、認知症やうつ病になるリスクが下がります。

ゲームやそろばんなどで脳を活性化させる

脳

ゲームは記憶力向上と物忘れ防止の効果があり、特にアクションゲームは予測不可能な状況に対して的確な判断をする必要があるため、海馬や前頭葉皮質などが大きくなります。また、そろばんをすることにより右脳を活性化させ、記憶力も向上すると言われています。そろばんは計算前に書いた数字を覚えることから始まり、文字の形や色などを視覚的に記憶し、そろばんで毎回繰り返すので記憶力が上がります。

人と会話する

悩む女性

日々の物忘れを防ぐには脳を使うことも大切で、人とのコミュニケーションも物忘れを防ぐための対策の一つに入ります。脳内のワーキングメモリを使うと脳が活性化し、特に会話はワーキングメモリを多く使用するため脳の活性化につながります。また、会話中に相手の名前を何度も呼ぶと、必要な情報として記憶にインプットされます。

広告募集中